部分入れ歯とブリッジ 入れ歯

部分入れ歯の考え方

 部分入れ歯による治療の対象となるのはブリッジでは対応できない多数歯の欠損がある場合(4本以上の歯が無い)であり。最近は、残存歯に負担をかけない、かむ位置の回復、維持が確実にできる、等の理由でインプラント治療が選択されることが多くなっています。しかし、全身状態やあごの骨の状態によってはインプラント治療が不可能な症例もあるので、お口の中で良好な機能を発揮する部分入れ歯を患者さんに提供する事は、今後も重要な治療法の一つである事には間違いありません。

 治療効果が確実、すなわち咬むという機能の回復が十分で、しかも入れ歯による残存組織への害も少ない、長期に使用できる部分入れ歯。それが患者さん・歯科医師双方が望んでいるものです。これを達成するための部分入れ歯の設計原則を要約すると以下の3項目になります。

 1. 入れ歯の動きを最小にする。
 2. お口の中が汚れないこと。(入れ歯も残りの歯も含めて)
 3. 壊れないこと。


部分入れ歯


部分入れ歯

装着イメージ

部分入れ歯の種類と構造

1. 歯欠損の場合


部分入れ歯

ブリッジ

2. 左右欠損の場合


金属の連結装置

レジンの連結装置

3. 複雑な欠損の場合


前歯と臼歯の欠損

中間欠損と遊離端欠損の複合

ブリッジの種類