入れ歯に使用する材質 入れ歯

レジン(プラスチック)床と金属床の違い

 わが国の歯科保健制度では、レジン床義歯(入れ歯)は保険給付の対象であり、金属床義歯は適用外となっています。この点からも歯科医師は、インフォームドコンセントの一つとして患者さんに対して、分かりやすく両者の利点、欠点を説明しなければなりません。

歯の構造 レジン床義歯(プラスチックの入れ歯)
 長期にわたり咀嚼機能の回復と交合支持の保持を目的とする最終義歯としては金属床義歯には劣ります。しかし、調整や修理、歯の追加といった形態可変性には優れているので金属床義歯では非適応と考えられる目的で使われています。 金属床義歯を口腔機能(お口の働き)を長期間保持、安定させるための義歯とするなら、レジン床義歯はその前段階にあり、粘膜の改善や交合治療のプロセスのなかでの治療用義歯と捉えた方が良いかもしれません。
 現実の臨床では、暫間(一時的)義歯、即時(間に合わせ)義歯、治療義歯、移行 義歯といった目的で使われています。

金属床義歯
 金属床義歯は、曲がらない、ねじれない、という点でレジン床義歯に比べて大きな利点があります。義歯には咬む度に大きな力がかかり、その時の義歯の変形が大きければ大きいほど義歯を支えているお口の中のいろんな組織が予測できない力を受ける事になります。そしてそれが粘膜の炎症、発赤、潰瘍当を招き、支えている歯へのダメージを与える事になるのです。

 上記のような事から、目的にあった入れ歯をその時その時で考えていかなければいけないと言うことです。

以下に、レジン床義歯と金属床義歯の比較をしてみます。

  レジン床義歯 金属床義歯
たわみ・変形
熱伝導性 悪いので、特に上顎での装着感が悪い 良いので味覚障害が少ない
吸水性 吸水性がありざらついたり不潔になりやすい 汚れにくく、歯石等もつきにくく衛生的
調整・修理 簡単にできる 難しい


部分入れ歯と総入れ歯の材料の違い

 日本では金をはじめ、その他の合金を使った金属床の総入れ歯を見る事が多いのですが、外国ではそうでもありません。どうしてでしょう。金属床は総入れ歯に必要でしょうか?

    金属床のメリットは、
  1. 熱伝導率がよい
  2. プラスチックよりも薄く製作できるので異物感が少ない
  3. 強度があるので破折しにくい
    デメリットは、
  1. 適確な粘膜面の調整が難しい
  2. 裏打ち(隙間をうめる)が難しいので、壊れなくても10年ぐらいで作り直しが必要

 上記のメリット、デメリットを天秤にかけて考えると、適確な粘膜面の調整がきかないということは"痛くて噛めない"という総入れ歯にとっては致命的な欠陥になってしまいます。つまり、総入れ歯には金属床はむいていないのです。それに、実際上はプラスチックでも意外と薄く作れるし、適正に調整され、正しいかみ合わせで作られた入れ歯なら破折することも多くはありません。一方、写真にもあるように部分入れ歯はそうではありません。誤解をしては困るのは、部分入れ歯の金属床と総入れ歯の金属床とはまったく意味合いが違うということです。
 部分入れ歯には金属床を使うべきです。部分入れ歯に金属床が使用されるのは、鋳造といった技法により、クラスプ、レスト、バーの位置、厚さ等を、意図した設計どうり再現し、残存歯(残っている歯)に無理な外力が加わらないように入れ歯自身の動きがコントロールされるためなのです。ですから、部分入れ歯の場合は金属床という呼び方ではなく、キャストフレーム(構造体)と考えた方がいいでしょう。