歯の構造 歯の基礎知識

歯の断面と正常な永久歯列

歯の構造 歯の機能
歯は食物の摂取、切断、粉砕のような消化機能の機械的な面の働きのほかに、発音や会話あるいは顔豹の調和などに関係している。

歯の硬組織(エナメル質、象牙質)の生理
歯の硬組織は人体の各組織の中で最もよく石灰化しており、最も硬い。また、いったん形成されると代謝はしないので、虫歯などで欠損ができると生体の軟組織におけるような自然治療はおきない。

歯髄の生理
歯髄は歯の形成、石灰化、崩出、あるいは吸収に重要な役割をはたしている。歯に加わる刺激を歯根膜とともに受容し、歯に防御反応を起こさせる。とくに、象牙質に刺激が加わると、歯髄はその生活反応として第二象牙質を形成し、その刺激を遮断する。


歯の支持組織の生理(インプラントも同様である)
歯の支持組織(歯周組織)はセメント質、歯根膜、歯肉、および歯槽骨から成る。

セメント質の生理
歯根膜とともに、歯槽骨に歯を結合させる働きをしている。また、異常なストレスから歯をまもる機能がある。セメント質の栄養は象牙質や歯髄からは受けていないので、歯髄がなくてもセメント質の機能は障害されない。

歯根膜の生理
歯は歯根膜を介して、歯槽骨に可動的に支持されている。また、歯に加わった力は歯根膜によって緩圧され、その力が直接顎の骨に伝わることを防いでいる。

歯肉の生理
 歯肉の血管は他の消化管の粘膜とは異なり、粘膜下組織がなく、刺激に対して容易に血液の循環障害を起こす。そして、歯槽膿漏症では歯肉の血管数は減少しているので、たえず歯肉をマッサージすることは歯肉疾患に対する不可欠な予防法の一つである。

歯槽骨の生理
歯槽骨はセメント質および歯根膜とともに、歯を顎の骨に植立させている。かむ力が生理的範囲内であれば、歯槽骨や顎の骨の発育は保進されるが、過剰な力が加わると歯槽骨は吸収され、歯は動揺あるいは脱落する。
歯が抜けてしまったり、歯槽骨に正常な刺激が加わらない時には、歯槽骨は吸収される。


正常な歯

正常な歯

中等度歯周炎