歯周病(歯槽膿漏) 歯の基礎知識

歯周病(歯槽膿漏)とはどのような病気か

 歯を失う理由は、ほとんどが歯周病です。インプラントも歯周病になります。
歯周病は文字通り、歯の周りの組織=歯周組織の病気です。歯周組織(歯の構造)は大きく4つあり、大切な歯を支える土台の役割を果たしています。この土台が病気になれば、健康な歯を保つことはできません。

 歯周病は症状の進行などによって様々なタイプ分けができます。一般的には歯ぐき(歯肉)の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯ぐきの中にあり、歯を支えている歯槽骨などが壊される歯周炎の2つです。歯肉炎は歯周病の初期段階であり、早期発見・早期治療が大切です。


歯肉炎

 歯垢(プラーク)という汚れの固まりによって、細菌が増えて歯肉に炎症が起こった状態です。歯肉炎は歯と歯ぐきの間=ポケットに入り込んだ細菌によって引き起こされます。このポケットの深さをはかることは、歯医者さんが病状を判断するポイントのひとつです。歯肉炎は早期の発見、的確な治療で治ります。ただし、放置すると歯周炎に発展してしまいます。


歯周炎

 初期には歯磨きのときに出血する程度で、ほとんど症状がありません。進行するにしたがって、歯肉が腫れ、膿がでたりします。さらに放置すると、歯がぐらついて抜けてしまうことにもなりかねません。怪しいと思ったら、すぐに診断を受けましょう。


歯周炎

中等度歯周炎

進行した歯周炎